なぜアンドロイドか http://cadoogle.com Sun, 16 Sep 2018 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 VPP使用の流れとは? http://cadoogle.com/2018/09/17/bookmarks-of-20180917/ http://cadoogle.com/2018/09/17/bookmarks-of-20180917/#comments Sun, 16 Sep 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/09/17/bookmarks-of-20180917/ VPPはapple社が提供する企業や教育現場などの法人向けのサービスになります。
組織でアプリケーションを購入して、各モバイルデバイス端末に個別で振り当てることができるので、管理者の負担を軽減することがで、appleIDが複数必要という状態を改善できます。
VPPではapple Deployment Programsの一部になるまで、オンラインでアカウントを作成していきます。
VPPを選びアカウント登録プロセスを開始したら、新しいappleIDが作成されます。
apple Deployment Programsのアカウントに登録したら、メールアドレスとパスコードでサインインして、アプリのインストール、配布を行います。
アプリを一括購入し、モバイルデバイス単位に管理配布するためには、一般のappleSTOREやiTunesからではなく、法人向けのVPPストアからアプリを購入することになります。
VPPによってmdmの導入もスムーズに行えるでしょう。

]]>
http://cadoogle.com/2018/09/17/bookmarks-of-20180917/feed/ 0
md市場の拡大から分かるmdmの重要性 http://cadoogle.com/2018/09/06/bookmarks-of-20180906/ http://cadoogle.com/2018/09/06/bookmarks-of-20180906/#comments Wed, 05 Sep 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/09/06/bookmarks-of-20180906/ スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する企業が増えたことで、大量のモバイルデバイス端末を一括管理する上で必要となる管理ツールとしてmdmが普及しています。日本においてもmdm市場は今後さらに拡大が見込まれており、数あるmdmの中から企業にとって最適なmdm製品を導入する必要があります。mdmはスマートフォンやタブレットを公立よく業務で使用するためには欠かせないソリューションであり、モバイルデバイス端末全体の可能性を広げるためにもmdmは欠かせません。
mdmソリューションは小規模から大規模まであらゆるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理を実現し、スマートフォンやタブレット利用の効率化アップにつなげてくれます。
mdm市場が拡大することで、多くの企業はモバイルデバイス端末を導入する際に、mdmも一緒に導入するようになっています。
mdmを導入してモバイルデバイス端末を効率よく管理出来れば、I管理者の負担を削減することができます。

]]>
http://cadoogle.com/2018/09/06/bookmarks-of-20180906/feed/ 0
bring your own deviceの効率性のよさ http://cadoogle.com/2018/08/27/bookmarks-of-20180827/ http://cadoogle.com/2018/08/27/bookmarks-of-20180827/#comments Sun, 26 Aug 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/08/27/bookmarks-of-20180827/ byodとはbring your own deviceのことであり、従業員個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用することを言います。
スマートフォンやタブレットだけではなく、ノートパソコンもbring your own deviceする企業もあります。従来は私用のモバイルデバイス端末の業務利用は情報漏えいにつながりリスクが高いため、社内へのモバイルデバイス端末の持ち込みを禁止している企業も実は多いのです。
しかし近年のスマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末の普及によって、電話、メール、スケジュール管理などは全てモバイルデバイス端末で行うのが一般的となってきています。
常時持ち歩いている私用のモバイルデバイス端末の利用範囲を業務にまで広げた方が何かと効率が良くなってきているのです。実際、私用と業務用と2台のモバイルデバイス端末を持っていても厳密に使い分けるのは難しいと言われています。

]]>
http://cadoogle.com/2018/08/27/bookmarks-of-20180827/feed/ 0
スマホ導入における課題を解決するmdmソリューション http://cadoogle.com/2018/08/16/bookmarks-of-20180816/ http://cadoogle.com/2018/08/16/bookmarks-of-20180816/#comments Wed, 15 Aug 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/08/16/bookmarks-of-20180816/ スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は私達の生活において欠かせない存在となっています。
特に企業においてもこれらのモバイルデバイス端末の導入は企業の成長にはなくてはならないものになっているでしょう。
ただスマートフォン導入においては様々な課題があるのも事実です。そこでスマートフォン導入時に伴う課題をmdmソリューションを導入することで解決できるのです。
スマートフォン導入に伴う課題としては、紛失・盗難時の情報漏えい、不正アプリケーション利用による業務の無駄、情報漏えい、外出先での不正アクセスポイント接続による情報漏えい、端末管理、初期設定・変更の管理作業の煩雑さなどがあります。これら全てがmdmソリューションで解決できるのです。モバイルデバイス端末管理ツールソリューション、つまりmdmソリューションを導入すれば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の安全な運用を実現してくれます。

]]>
http://cadoogle.com/2018/08/16/bookmarks-of-20180816/feed/ 0
作業環境のモバイル化に伴うmdmソリューションの普及 http://cadoogle.com/2018/08/06/bookmarks-of-20180806/ http://cadoogle.com/2018/08/06/bookmarks-of-20180806/#comments Sun, 05 Aug 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/08/06/bookmarks-of-20180806/ 作業環境のモバイル化、つまり業務でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入した場合に得られるメリットとして、生産性の向上、アプリケーションの合理化、ユーザー満足度の向上などの実現があります。
このようなメリットに企業はこぞって、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入を進めているのです。
この5年間でモバイル化と私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用するbyodが普及しています。
byodやモバイルデバイス化が進むことによって、それらの端末全体をきちんと管理しなければいけなくなります。そこで管理ツールとしてmdmソリューションを導入していきます。
mdmソリューションにはデバイス端末の設定、ネットワークアクセス、アプリケーション管理、リモートからの監視とサポート、情報漏洩対策などの機能が得られます。特にbyodを導入した場合、セキュリティ対策に力を入れなければなりません。

]]>
http://cadoogle.com/2018/08/06/bookmarks-of-20180806/feed/ 0
byodの普及 http://cadoogle.com/2018/07/25/bookmarks-of-20180725/ http://cadoogle.com/2018/07/25/bookmarks-of-20180725/#comments Tue, 24 Jul 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/07/25/bookmarks-of-20180725/ 以前は会社でパソコンを使用して仕事をするというのが一般的であり、会社から支給されたパソコンを社内の業務で使用する企業がほとんどでした。
最近では、ノートパソコンの軽量化やスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、個人の私物のパソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末を仕事で利用することを認める企業も増えています。
また個人所有のモバイルデバイス端末を推奨する会社も増えてきています。
個人所有のモバイルデバイス端末を業務で使用することをbyodと言います。byodはbring Your Own Deviceの造語であり、自分のモバイルデバイス端末を職場に持ち込むという意味になります。スタートアップ企業では自然とbyodを導入するケースが多いようです。byodはコスト削減や業務効率アップなどメリットが多い反面、デメリットも多いため、課題や問題点を明確にしておく必要があります。

]]>
http://cadoogle.com/2018/07/25/bookmarks-of-20180725/feed/ 0
便利なサポートシステムapple DEPとは?! http://cadoogle.com/2018/07/15/bookmarks-of-20180715/ http://cadoogle.com/2018/07/15/bookmarks-of-20180715/#comments Sat, 14 Jul 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/07/15/bookmarks-of-20180715/ 日本政府は2020年までに1人1台のタブレット構想を掲げており、実際に現在多くの教育現場ではタブレットの導入が進んでいます。全国各地の地上自治体、学校、教育委員会はICT環境の導入をすすめるべく、積極的に取り組んでいます。学校へタブレット端末を導入する時に大変になるのが、管理対象端末のキッティング作業です。
キッティング作業とはデバイス端末を使用可能にする事前準備のことであり、生徒の数だけタブレットを導入する場合、その設定作業には莫大な時間を要してしまいます。
そこでApple DEPを活用することでこのキッティング作業の負担を大幅に軽減できるのです。
Apple DEPを利用すれば、管理対象端末への設定が無線ネットワーク経由から行えるため、設定用のMacなどが必要なくなります。また端末を手元に集める作業なども必要なくなるのです。またapple社の専用ソフトのapple configuratorを使った有線接続での個別設定の必要もなくなります。

]]>
http://cadoogle.com/2018/07/15/bookmarks-of-20180715/feed/ 0
種類が豊富なandroid端末の管理 http://cadoogle.com/2018/07/04/bookmarks-of-20180704/ http://cadoogle.com/2018/07/04/bookmarks-of-20180704/#comments Tue, 03 Jul 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/07/04/bookmarks-of-20180704/ mdmツールの多くは、androidやiPhone、Windowsなどマルチデバイスに対応しています。企業や教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を大量に導入する場合、1つのデバイスとは限りません。androidのモバイルデバイス端末もあれば、iPhoneなどのiOS端末もあるので、一括して管理できる管理ツールを利用するのが理想的です。
androidはiPhoneやiPadに比べて種類も豊富で大きさも多様なため、企業でandroidモバイルデバイス端末を導入すると選択肢が幅広くなります。業務でandroid端末を活用する場合、確実で安心できる端末管理ツールが必要となります。
個人でandroid端末を管理する場合、アプリをインストールする時にアプリの権限をチェックやアプリのインストールに注意するだけでも安全管理につながります。
しかし企業でandroid端末を業務で使用する場合、デバイス端末内には会社の機密情報や個人情報なども含まれているため、第三者への情報流出などのリスクを防がなければなりません。

]]>
http://cadoogle.com/2018/07/04/bookmarks-of-20180704/feed/ 0
byodでのmdmソリューションの機能とは? http://cadoogle.com/2018/06/23/bookmarks-of-20180623/ http://cadoogle.com/2018/06/23/bookmarks-of-20180623/#comments Fri, 22 Jun 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/06/23/bookmarks-of-20180623/ byodとは個人が所有しているモバイルデバイス端末を、会社の業務にも使用することを言います。
byodを導入した企業では、モバイルデバイス端末を複数台所有する必要がなく、操作性に慣れたモバイルデバイス端末を業務にも活用できるとあって、モバイルデバイス端末の利便性を最大限に活用することができます。
byodを導入する場合、mdmソリューションを活用する必要があります。
mdmソリューションはモバイルデバイス端末の管理ツールシステムであり、セキュリティ強化には欠かせません。また企業のモバイルデバイス端末の管理者の負担を軽減して、一括して管理することで、アプリの配信、端末の使用制御などの機能を利用することができます。
mdmソリューションでbyodをしたモバイルデバイス端末を管理することで、管理者や社員のために、端末紛失や盗難に備えて、遠隔からモバイルデバイス端末をロックしたり、データを削除したりする機能も用意されています。
またmdmソリューションで許可したアプリだけに制限することも可能です。

]]>
http://cadoogle.com/2018/06/23/bookmarks-of-20180623/feed/ 0
mdmソリューションの登録方法 http://cadoogle.com/2018/06/13/bookmarks-of-20180613/ http://cadoogle.com/2018/06/13/bookmarks-of-20180613/#comments Tue, 12 Jun 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cadoogle-com/2018/06/13/bookmarks-of-20180613/ タブレットやスマートフォンを一括管理する時に使用する管理ツールをmdmソリューションと言います。このmdmソリューションを使った管理は、mdmにモバイルデバイス端末を登録、加入する必要があります。mdmにモバイルデバイス端末を登録する方法は、mdmのメーカーによって異なりますが、大きく分けると2つの方法があります。
1つ目の方法は、管理するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末からmdmのサイトに直接アクセスしてモバイルデバイス端末を登録する方法です。
もう1つの方法が、mdmのアプリケーションをモバイルデバイス端末にインストールして、そのアプリケーションから直接登録する方法になります。
どちらの方法でもmdmサービス側に管理するモバイルデバイス端末を利用するユーザーを登録しなければなりません。
登録する時には、mdmサーバーのアドレスや組織のIDを指定する必要があり、登録したユーザーのアカウントでログインをすることになります。

]]>
http://cadoogle.com/2018/06/13/bookmarks-of-20180613/feed/ 0