2018,7月
W

便利なサポートシステムapple DEPとは?!

in 未分類, by admin

日本政府は2020年までに1人1台のタブレット構想を掲げており、実際に現在多くの教育現場ではタブレットの導入が進んでいます。全国各地の地上自治体、学校、教育委員会はICT環境の導入をすすめるべく、積極的に取り組んでいます。学校へタブレット端末を導入する時に大変になるのが、管理対象端末のキッティング作業です。
キッティング作業とはデバイス端末を使用可能にする事前準備のことであり、生徒の数だけタブレットを導入する場合、その設定作業には莫大な時間を要してしまいます。
そこでApple DEPを活用することでこのキッティング作業の負担を大幅に軽減できるのです。
Apple DEPを利用すれば、管理対象端末への設定が無線ネットワーク経由から行えるため、設定用のMacなどが必要なくなります。また端末を手元に集める作業なども必要なくなるのです。またapple社の専用ソフトのapple configuratorを使った有線接続での個別設定の必要もなくなります。

 
2018,7月
W

種類が豊富なandroid端末の管理

in 未分類, by admin

mdmツールの多くは、androidやiPhone、Windowsなどマルチデバイスに対応しています。企業や教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を大量に導入する場合、1つのデバイスとは限りません。androidのモバイルデバイス端末もあれば、iPhoneなどのiOS端末もあるので、一括して管理できる管理ツールを利用するのが理想的です。
androidはiPhoneやiPadに比べて種類も豊富で大きさも多様なため、企業でandroidモバイルデバイス端末を導入すると選択肢が幅広くなります。業務でandroid端末を活用する場合、確実で安心できる端末管理ツールが必要となります。
個人でandroid端末を管理する場合、アプリをインストールする時にアプリの権限をチェックやアプリのインストールに注意するだけでも安全管理につながります。
しかし企業でandroid端末を業務で使用する場合、デバイス端末内には会社の機密情報や個人情報なども含まれているため、第三者への情報流出などのリスクを防がなければなりません。

 
2018,6月
W

byodでのmdmソリューションの機能とは?

in 未分類, by admin

byodとは個人が所有しているモバイルデバイス端末を、会社の業務にも使用することを言います。
byodを導入した企業では、モバイルデバイス端末を複数台所有する必要がなく、操作性に慣れたモバイルデバイス端末を業務にも活用できるとあって、モバイルデバイス端末の利便性を最大限に活用することができます。
byodを導入する場合、mdmソリューションを活用する必要があります。
mdmソリューションはモバイルデバイス端末の管理ツールシステムであり、セキュリティ強化には欠かせません。また企業のモバイルデバイス端末の管理者の負担を軽減して、一括して管理することで、アプリの配信、端末の使用制御などの機能を利用することができます。
mdmソリューションでbyodをしたモバイルデバイス端末を管理することで、管理者や社員のために、端末紛失や盗難に備えて、遠隔からモバイルデバイス端末をロックしたり、データを削除したりする機能も用意されています。
またmdmソリューションで許可したアプリだけに制限することも可能です。

 
2018,6月
W

mdmソリューションの登録方法

in 未分類, by admin

タブレットやスマートフォンを一括管理する時に使用する管理ツールをmdmソリューションと言います。このmdmソリューションを使った管理は、mdmにモバイルデバイス端末を登録、加入する必要があります。mdmにモバイルデバイス端末を登録する方法は、mdmのメーカーによって異なりますが、大きく分けると2つの方法があります。
1つ目の方法は、管理するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末からmdmのサイトに直接アクセスしてモバイルデバイス端末を登録する方法です。
もう1つの方法が、mdmのアプリケーションをモバイルデバイス端末にインストールして、そのアプリケーションから直接登録する方法になります。
どちらの方法でもmdmサービス側に管理するモバイルデバイス端末を利用するユーザーを登録しなければなりません。
登録する時には、mdmサーバーのアドレスや組織のIDを指定する必要があり、登録したユーザーのアカウントでログインをすることになります。

 
2018,6月
W

mdmの導入事例は増えている

in 未分類, by admin

mdmを導入している企業は非常に多く、様々なタイプの導入事例があります。
例えば大手総合旅行会社の株式会社エイチ・アイ・エスもmdm導入事例のある会社の1つです。
エイチ・アイ・エスは消費者の希望に沿った旅行商品を先駆けて提供するなど、スピード感のある事業展開が魅力です。
オンライン予約サイトも運営しており、多くのシステム管理、セキュリティ管理をする必要があります。
マスターデータは自社の事業の根幹になり、適切に提供するにはmdm基盤が重要と考えています。
またmdmの効果を得るためにはmdm基盤を構築するのはもちろんですが、各システムがmdm基盤を使ってマスターデータを連携しなければならない。エイチ・アイ・エスでは、mdm基盤を持つことによって基幹システム側はマスターデー整合性を保つことができ、サブシステム側ではマスター管理機能を自分たちで設計しなくても済むのでその点はメリットと言えるでしょう。

 
2018,5月
W

mdm市場で人気のmdmの基本的機能とは

in 未分類, by admin

国内のmdm市場には様々なメーカーからmdmソリューションが開発されていて、サービスを提供しています。
mdm市場には国内製品はもちろん、海外製品もたくさんあるので、その企業で何を求めているかによってmdmツールの選び方は変わってきます。
mdmの基本的な機能面は、どの製品もそれほど変わりません。
資産管理、機能制限、パスワード設定、アプリケーション管理、リモートロックやリモート初期化、デバイスの所在検知などの機能になります。
資産管理ではどの部門の誰がどのモバイルデバイス端末を利用しているのかを一元的に管理できます。
また機能制限においてはカメラ、アプリケーションの利用・購入、Wi-Fi、SDカードなどの様々な機能を制限することもできます。
アプリケーション管理では、誰がどのアプリを利用しているのかが把握でき、社内で利用するアプリをリモート配信することも可能です。
セキュリティ面の課題、運用面の課題、費用面の課題を解決するmdmは、モバイルデバイス導入時には欠かせません。

 
2018,5月
W

bring your own deviceのメリットとデメリット

in 未分類, by admin

企業の中には会社が支給したモバイルデバイス端末を従業員に支給するのではなく、それぞれの従業員が私物で使っているモバイルデバイス端末を業務でも使用できるようにしているbring your own deviceを導入しているところもあります。
企業としてはbring your own deviceを導入することで、モバイルデバイス端末の初期導入時の費用を抑えることができるという利点があります。
どうしてもモバイルデバイス端末を導入すると費用がかかってしまいますが、bring your own deviceにすればコストを最小限にとどめることができるでしょう。
しかしbring your own deviceはメリットだけではなく、デメリットもあることを忘れてはいけません。
bring your own deviceはモバイルデバイス端末を紛失、盗難された時に情報漏えいが起こる危険性が高いと言われています。
つまりセキュリティリスクの面においても、会社支給のモバイルデバイス端末に比べてbring your own deviceの方が危機感が強いのです。

 
2018,4月
W

スマートフォンのセキュリティ対策に欠かせないmdm

in 未分類, by admin

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するにあたり、しっかりとしたセキュリティ対策を行う必要があります。
導入したにも関わらずエンドユーザーが好き勝手に利用できる状態にしておくと、モバイルデバイス端末内の機密情報や個人情報が外部に漏れ出てしまう恐れもあります。
スマートフォンのセキュリティ対策を強化するためにはmdmツールによるモバイルデバイス端末の一括管理が欠かせません。
Mdmツールを用いて管理をすることで、スマートフォンを安全に活用することができるのです。
モバイルデバイス端末のリスク回避をするためのmdmツールは、紛失・盗難時の情報漏えい防止、不正サイトへのアクセス防止、管理の効率化などのセキュリティ対策につながります。
スマートフォンを紛失した場合には、第三者に端末を操作されて、端末内の情報が漏えいする危険性を未然に防ぐために、mdmツールで管理者が遠隔操作をして操作制御をすることが可能です。参照URL

 
2018,4月
W

利用状況の把握で、android端末管理がスムーズに!

in 未分類, by admin

mdmは様々なメーカーから提供されており、日本国内のものもあれば、海外のものもあります。企業によってmdmに求める機能が異なるため、それぞれのmdmツールには特色があります。多くのmdmではiPhone、android、Windows全てのOSに対応しているマルチデバイスになっています。
端末管理に欠かせないmdmの機能はたくさんありますが、端末管理者はmdmを通して、ユーザーによるセキュリティポリシー違反、第三者からの攻撃など利用状況を把握することが可能です。
また利用者が万が一紛失したり、盗難されたりするリスクに備えて常にスマートデバイス端末の利用状況を把握しています。またmdm管理外となった端末の探知機能などを備えたmdmツールもあります。
もしもの時に、mdm管理外になってしまった場合、mdmツールでの管理に意味がなくなってしまいます。
OSの脆弱性をついroot化などの機能があるmdmツールもあるでしょう。利用状況を確認、把握する機能はmdmでの端末管理において欠かせません。詳しくはこちら

 
2018,4月
W

効率アップのためのmdm

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレット端末は効率よく仕事を行っていく上で欠かせないツールです。しかし手元にあると仕事以外で不正に使用してしまう…なんてことも起きてしまいます。
そこで企業では企業が一括して管理しているスマートデバイス端末をできるだけ簡単に一元管理する必要があります。
その一元管理に欠かせないツールとなるのがmdmなのです。
多機能なタブレットやスマホはアプリをダウンロードすることでさらにその使い道は広くなります。
利用者にとっては使い道が広くなることはいいものの、管理者にとっては管理しきれない状況を作り出してしまうため非常に厄介です。
エンドユーザーが勝手に業務以外で利用をし続けると、管理を外れてしまうこともあり、セキュリティリスクは膨大に増えてしまいます。
また生産性を上げるために導入したスマートデバイス端末を導入することによってかえって生産性を低下させてしまうおそれもあるのです。mdm