2018,4月
W

利用状況の把握で、android端末管理がスムーズに!

in 未分類, by admin

mdmは様々なメーカーから提供されており、日本国内のものもあれば、海外のものもあります。企業によってmdmに求める機能が異なるため、それぞれのmdmツールには特色があります。多くのmdmではiPhone、android、Windows全てのOSに対応しているマルチデバイスになっています。
端末管理に欠かせないmdmの機能はたくさんありますが、端末管理者はmdmを通して、ユーザーによるセキュリティポリシー違反、第三者からの攻撃など利用状況を把握することが可能です。
また利用者が万が一紛失したり、盗難されたりするリスクに備えて常にスマートデバイス端末の利用状況を把握しています。またmdm管理外となった端末の探知機能などを備えたmdmツールもあります。
もしもの時に、mdm管理外になってしまった場合、mdmツールでの管理に意味がなくなってしまいます。
OSの脆弱性をついroot化などの機能があるmdmツールもあるでしょう。利用状況を確認、把握する機能はmdmでの端末管理において欠かせません。詳しくはこちら

 
2018,4月
W

効率アップのためのmdm

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレット端末は効率よく仕事を行っていく上で欠かせないツールです。しかし手元にあると仕事以外で不正に使用してしまう…なんてことも起きてしまいます。
そこで企業では企業が一括して管理しているスマートデバイス端末をできるだけ簡単に一元管理する必要があります。
その一元管理に欠かせないツールとなるのがmdmなのです。
多機能なタブレットやスマホはアプリをダウンロードすることでさらにその使い道は広くなります。
利用者にとっては使い道が広くなることはいいものの、管理者にとっては管理しきれない状況を作り出してしまうため非常に厄介です。
エンドユーザーが勝手に業務以外で利用をし続けると、管理を外れてしまうこともあり、セキュリティリスクは膨大に増えてしまいます。
また生産性を上げるために導入したスマートデバイス端末を導入することによってかえって生産性を低下させてしまうおそれもあるのです。mdm

 
2018,3月
W

それぞれのグループへの設定ができるmdm

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業で導入する場合、それぞれのユーザーに合わせた設定が必要になります。例えば違う部署で働く使用者であれば、使用するアプリや機能も異なるため、全く同じ管理設定にしてしまうと効率よく使いこなすことができず、せっかくスマートデバイス端末を導入しているのにあまり意味がなくなってしまいます。そこでmdmツールで各スマートデバイス端末でそれぞれの設定ができることができれば、円滑にスマートデバイス端末を利用することができ、一括管理も行えるのです。
グループ別ポリシー設定のあるmdmツールであれば、手動での設定は不要で、スマートデバイス端末を登録するだけで各種設定が適用されます。例えばグループAの場合は、機能構成、アプリ構成、監視設定などは全てグループAに適用したものになります。グループBであれば、機能構成、アプリ構成、監視設定なども全てグループBに適したものに設定できるのです。参照URL

 
2018,3月
W

メーカーと共同開発したmdmもある

in 未分類, by admin

Mdmの機能は様々です。Mdmと聞くとスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の設定を一斉に行ったり、紛失・盗難の際にスマートデバイス端末を使えなくなるように操作したりする機能がついている管理機能というイメージが強いでしょう。
しかしmdmの機能はそれだけにとどまりません。企業の組織体系をそのまま管理体系とすることができるので、見やすい画面構成に加えて、実際の業務単位でのスマートデバイス端末管理の効率がアップします。管理者が実際管理する画面も非常に見やすく、操作方法も簡単なので誰でも管理できるというメリットがmdmにはあります。
また緊急事態にはmdmツールを提供するメーカー側のサポートデスクなどに連絡をすればすぐに緊急対応してくれるという点も安心感があります。
Mdm製品の中にはスマートデバイス端末のメーカーと共同開発したものもあります。安定的に継続して機能提供が可能なので、OSバージョンが変更したとしても提供されていた機能は安心して利用することが可能です。参照URL

 
2018,2月
W

教育機関でのmdmによる使用制限

in 未分類, by admin

教育機関でmdmでのタブレットなどのスマートデバイス端末の一元管理の機能ときくと、アプリケーションのインストールや設定が主な役目という印象を受けてしまいます。しかしmdmツールの機能はこれだけではありません。管理はもちろんですが、タブレットなどのスマートデバイス端末の使用制限などを行うこともできるのです。
Mdmにはタブレット端末を盗難、紛失してしまった時の情報漏えい対策機能があります。またタブレット端末の一部機能を制限するというセキュリティ機能もあるのです。教育機関ではなく、企業においてmdmを導入する時にはこのセキュリティ対策が第一に挙げられます。機能の制限と聞くと、タブレットでは何もすることができなくなるのでは?という印象を持たれがちですが、すべての機能を制限するわけではありません。学習にとって必要な機能については制限をかけることはないので、スマートデバイス端末のよいところはしっかりと機能させることができるのです。Volume Purchase Programとは

 
2018,2月
W

mdmの運用支援機能

in 未分類, by admin

企業にいるIT管理者は、企業で導入しているスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理しなければなりません。その時に効率よくそして安全に、安心してスマートデバイス端末を使用できるように管理するためにmdmツールを利用します。Mdmツールによる管理でIT管理者からデバイス利用者にむけて、一括でメッセージ配信をすることが可能です。IT管理者はどの利用者が既読になったか?などもすべて把握することができるので一元管理に役立ちます。
またmdm機能には管理しているスマートデバイス端末がmdm管理下から離脱したり、不正改造などを行われたりした時には、自動で違反検知して、管理者にメールで通知する無通信見探知アラート、離脱端末探知アラートなどの機能も搭載しています。探知できる違反んとしては、不正改造をしているスマートデバイス、継続した無通信状態が続いているスマートデバイス、管理下から離脱してしまったスマートデバイス端末などがあります。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/tag/mdm%E3%81%A8%E3%87%AF/

 
2018,2月
W

セキュリティ機能を強化したmdm

in 未分類, by admin

mdmの管理機能はいくつもありますが、その中でも最重要視されるのがセキュリティ機能です。Mdm製品の多くはこのセキュリティ機能を徹底して強化したものが多く、セキュリティ機能が充実したmdmを選ぶのがおすすめです。スマートデバイス端末ロックなどの機能だけではなく、端末ワイプ、スマートデバイス制御、アプリケーションの管理など様々な制御機能が付いたmdmは安全対策が強いと言えるでしょう。またグループごとにアプリケーションやデバイス機能の利用を制限する機能も装備されており、スマートデバイス端末が電波の届かない場所にある場合でもmdmツールを利用してしまえば、ローカルロック機能によってスマートデバイス端末の利用を制御することができるのです。
その他、mdmの機能としては利用中のアプリケーションやスマートデバイスの機能の集中管理も可能であり、基幹システムとの連携もスムーズに対応できるようになっています。MDMとは?企業のモバイルデバイスを安全管理

 
2017,10月
W

オフライン状況下でも管理が可能なmdmがおすすめ

in 未分類, by admin

mdmツールの中には、Wi-Fi接続時などスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末がオンライン状態でなければ管理設定ができないというものがあります。しかしこの場合、オフラインでは意味がなくなってしまうのでセキュリティ面で不安な部分が出てしまうでしょう。
そこでmdm管理ツールを選ぶ時にはオンライン、オフラインどちらでもWindows端末を守ることができるmdmがおすすめです。ネットワークの状況や使用する場所、電源の接続を監視して、想定外の状況を検知することで、大音量アラームや入力デバイスのロック、強制シャットダウンによって不正利用や不正持ち出しを防ぐことができるのです。
またmdmを選ぶ時にはiOS、android、Windowsなどマルチプラットフォームに対応したmdmがおすすめです。1つの管理コンソールで複数のOSやデバイスを管理することができれば非常に便利。また管理権限を分けて、部署ごと、業務担当ごと、拠点ごとのように管理させることもできるので、それぞれの組織や部門が求める最適なポリシーやアプリケーションの配布ができるようになります。
MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

 
2017,10月
W

企業におけるスマートデバイス導入で欠かせないmdm

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの登場によって、私達の生活は急速に進化してきています。
特に企業においてはスマートフォンやタブレットを導入することによって、ビジネス効率のアップにつながります。企業におけるスマートデバイス導入において欠かせない存在となってくるのがmdm。
Mdmを導入することによってスマートデバイスが持っているリスクを回避することができるのです。
Mdm導入で実現できることと言えば、紛失・盗難時の情報漏えい防止、不正サイトへのアクセス防止、運用管理の効率化があります。モバイルデバイスを使用することで外出先でのメールチェックや資料作成などが行えるので業務効率化につながります。しかし紛失・盗難のリスクも高まりますので、mdmを導入することで管理者による遠隔支持での操作制御が可能になるのです。操作制御だけではなく、デバイス内のデータの一部もしくは全部を削除したり、一時的に利用を停止したりすることも可能です。mdmに関してはこちら

 
2017,9月
W

mdmによって守られる安全性とは?!

in 未分類, by admin

モバイルデバイスが紛失、盗難された時、リスク回避の対策を事前にとっておく必要があります。このリスク回避の対策をとっていなければ、情報が流出してしまい取り返しのつかないトラブルに発展してしまう恐れもあるのです。
リスク回避の対策としてmdmツールによるモバイルデバイスの管理を行います。モバイルデバイス端末が盗難、紛失された時に、mdmで管理していることによって遠隔操作でリモートロックやリモートワイプ、機能制限などを行うことができます。
リモートロックはパスコードを入力しないとモバイルデバイスの利用ができなくなる機能のことを言います。またリモートワイプはモバイルデバイス内のデータをすべて消去して初期化する機能です。このリモートワイプをすることでモバイルデバイス内にあった個人情報や機密情報などのデータや情報をすべて削除することができます。また機能制限とは特定のアプリケーションの使用を制限したり、インストールの制限をしたりする機能のことを言います。ファイル共有アプリケーションによるデータ流出を防止することもできます。
iOS端末でmdmを利用する塾さんに