スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末には、端末自体に基本のモバイル管理があり、そのモバイル管理を使用するとデバイスにパスワードを適用して、組織のデータを安全に保つことができます。
紛失したモバイルデバイス端末や盗難されたモバイルデバイス端末から企業の情報をワイプ(初期化)することもできるので、情報漏えいを未然に防げます。企業のデータのアクセスするモバイルデバイス端末のリストに関しては管理コンソールで確認も可能です。
ただモバイル端末自体にポリシーを適用したり、モバイル端末のアプリケーションの管理をすることは、端末自体にあるモバイル管理機能ではできません。そのような機能を求めるのであればmdm=モバイル端末管理を行うツール、ソリューションを別途導入して、モバイルデバイス端末を一元管理する必要があるのです。
mdmツールで管理を行えば、アプリの管理やポリシーて起用などもできるので、端末自体のセキュリティ対策だけではなく、資産管理や利用制限などにもつながります。