byodを企業として公に導入している場合では、情報漏えいのリスク対策としてしっかりとセキュリティ強化をしているケースがほとんどです。
しかしbyodを黙認していたり、従業員が勝手に個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用しているシャドーbyodの場合には、きちんとした管理ができていないため、非常に危険です。
byodを導入する場合、プライベートでも同じスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用することになります。そのモバイルデバイス端末内には企業内の機密情報や、顧客情報などの個人情報、企業のデータなどがたくさん含まれています。プライベートで使用している時に、それらの情報が間違って外部に流出する危険性は非常に高いです。そのためbyodを導入する場合は、通常のモバイルデバイス端末を導入する時よりもさらにセキュリティを強化したmdmツールでの管理が重要となってきます。円滑にそして効率よくモバイルデバイス端末を業務で活用するためには、mdmによる効率よい管理が必要不可欠です。