2019,3月
W

mdm導入時の提供形態

in 未分類, by admin

クラウド型とオンプレミス型の提供形態があるmdmソリューションですが、オンプレミス型のmdmソリューションはmdmサーバが製品として提供されて、自営で構築や運用を行っていくタイプのmdmソリューションになります。
ユーザーである企業の独自のセキュリティポリシーなどに応じた運用管理を行うことができるのがオンプレミス型のmdmソリューションの人気のところです。
また基幹システム、ユーザーディレクトリーとの連携性を確保するという意味でも、オンプレミス型のmdmソリューションにはメリットがあります。
スマートフォンやタブレットなどのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の接続環境が、閉域的で小さい範囲であった閉域網ネットワークであれば、構築する場合にオンプレミス型による提供形態が適しているのです。
mdmのベンダーによってオンプレミス型やクラウド型など両方の提供形態をサポートしているmdmツールもあります。

 
2019,3月
W

基本のモバイル端末管理とは?

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末には、端末自体に基本のモバイル管理があり、そのモバイル管理を使用するとデバイスにパスワードを適用して、組織のデータを安全に保つことができます。
紛失したモバイルデバイス端末や盗難されたモバイルデバイス端末から企業の情報をワイプ(初期化)することもできるので、情報漏えいを未然に防げます。企業のデータのアクセスするモバイルデバイス端末のリストに関しては管理コンソールで確認も可能です。
ただモバイル端末自体にポリシーを適用したり、モバイル端末のアプリケーションの管理をすることは、端末自体にあるモバイル管理機能ではできません。そのような機能を求めるのであればmdm=モバイル端末管理を行うツール、ソリューションを別途導入して、モバイルデバイス端末を一元管理する必要があるのです。
mdmツールで管理を行えば、アプリの管理やポリシーて起用などもできるので、端末自体のセキュリティ対策だけではなく、資産管理や利用制限などにもつながります。

 
2019,3月
W

mdmソリューション管理でbyodのアクセス制御が可能

in 未分類, by admin

個人がプラベートで所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用するbyod導入には様々な課題があるものの、それらの課題をクリアにすることで、企業側にとっても従業員側にとっても大きなメリットを得られます。
byod導入における課題を解決するための方法として、mdmソリューションの導入があります。mdmとはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、大量のモバイルデバイス端末を一括して管理する時に役立つソリューションです。
byodを禁止している企業においてはmdmソリューションにおいて徹底したアクセス制御を行うとよいでしょう。社内ネットワークから個人所有のモバイルデバイス端末を完全に締め出すためのアクセス制御を行うことができれば、byodを禁止できます。個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末からのアクセスを制限して、許可した端末の管理を中央集権的に行うのです。

 
2019,3月
W

byod事例でのセキュリティ強化

in 未分類, by admin

byodを企業として公に導入している場合では、情報漏えいのリスク対策としてしっかりとセキュリティ強化をしているケースがほとんどです。
しかしbyodを黙認していたり、従業員が勝手に個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用しているシャドーbyodの場合には、きちんとした管理ができていないため、非常に危険です。
byodを導入する場合、プライベートでも同じスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用することになります。そのモバイルデバイス端末内には企業内の機密情報や、顧客情報などの個人情報、企業のデータなどがたくさん含まれています。プライベートで使用している時に、それらの情報が間違って外部に流出する危険性は非常に高いです。そのためbyodを導入する場合は、通常のモバイルデバイス端末を導入する時よりもさらにセキュリティを強化したmdmツールでの管理が重要となってきます。円滑にそして効率よくモバイルデバイス端末を業務で活用するためには、mdmによる効率よい管理が必要不可欠です。