スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理できるツールと言えばmdm。mdmを導入する組織は非常に多く、効率よくモバイルデバイス端末を業務で利用するためには欠かせません。
mdmサーバか制御できる端末にするためには、導入形態によっていくつかの方法があります。
まずキャリアサービスを利用してmdmを導入する場合には、法人契約の端末を特定して、回線契約単位ごとにサービス加入を行っていきます。mdmサーバの制御は以下となるようにアクティベーションを行うのはキャリア通信会社になります。
クラウドサービスを利用してmdmを導入する場合には、利用企業側からクラウドサービスでmdm制御する端末のプロファイル情報をクラウドサービスの起業へ提供をしてから、アクティベーションを行うようになります。
オンプレミス型の独自導入を利用する場合には、自社内サーバ環境やホスティングサービス環境にmdmソリューションを独自で導入して、業務利用するモバイルデバイス端末の初期登録を行っていきます。