MDMのVPPは企業や教育現場で大量に導入したモバイルデバイス端末にアプリケーションを配布して、すぐにユーザーが利用できるように設定するプログラムになります。
このVPPの管理配布機能を利用することによって、企業内でまとめて購入したiOSのアプリケーションを従業員や生徒にライセンスを与えて、配布することが可能になっています。
また配布したアプリケーション(ライセンス)は従業員が退職した時に回収して、別の従業員に新たに割り当てることが可能なので、追加のアプリケーション購入が必要ありません。
VPPのアプリ配布を利用するにはVPPのアカウントの取得が必要であり、iOS7以上のiPhone、iPadが必要となります。それぞれのモバイルデバイス端末のユーザーは配布されるVPPアプリのライセンスを取得するために個人のAppleIDを持っている必要があります。業務効率アップにもつながるので利用するべきです。