スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育現場など組織で大量に導入する場合、mdmで一括管理することが一般的となっています。
以前であればmdmを用いてモバイルデバイス端末を一括管理する企業や組織はあまりいませんでしたが、モバイルデバイス端末の急激な成長に伴い、mdm市場も拡大しており、モバイルデバイス端末を導入する際に一緒にmdmを導入する企業が大半になっています。
現在ではmdmを導入するかどうか?が問題点となるのではなく、モバイルデバイス端末のセキュリティ対策をどれだけ早く導入できているか?という点が問題になっています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時には、それと同時にmdmの導入を検討するべきですし、どのmdm製品がよいのかきちんと事前に比較しておくことであわてることなく、モバイルデバイス端末の一括管理ができるようになるでしょう。
企業としては十分な時間をかけて、自分の企業にあったモバイルデバイス端末管理とセキュリティの目標に達したmdmかどうかをしっかりと理解して導入しなければなりません。