VPPはapple社が提供する企業や教育現場などの法人向けのサービスになります。
組織でアプリケーションを購入して、各モバイルデバイス端末に個別で振り当てることができるので、管理者の負担を軽減することがで、appleIDが複数必要という状態を改善できます。
VPPではapple Deployment Programsの一部になるまで、オンラインでアカウントを作成していきます。
VPPを選びアカウント登録プロセスを開始したら、新しいappleIDが作成されます。
apple Deployment Programsのアカウントに登録したら、メールアドレスとパスコードでサインインして、アプリのインストール、配布を行います。
アプリを一括購入し、モバイルデバイス単位に管理配布するためには、一般のappleSTOREやiTunesからではなく、法人向けのVPPストアからアプリを購入することになります。
VPPによってmdmの導入もスムーズに行えるでしょう。