2018,9月
W

VPP使用の流れとは?

in 未分類, by admin

VPPはapple社が提供する企業や教育現場などの法人向けのサービスになります。
組織でアプリケーションを購入して、各モバイルデバイス端末に個別で振り当てることができるので、管理者の負担を軽減することがで、appleIDが複数必要という状態を改善できます。
VPPではapple Deployment Programsの一部になるまで、オンラインでアカウントを作成していきます。
VPPを選びアカウント登録プロセスを開始したら、新しいappleIDが作成されます。
apple Deployment Programsのアカウントに登録したら、メールアドレスとパスコードでサインインして、アプリのインストール、配布を行います。
アプリを一括購入し、モバイルデバイス単位に管理配布するためには、一般のappleSTOREやiTunesからではなく、法人向けのVPPストアからアプリを購入することになります。
VPPによってmdmの導入もスムーズに行えるでしょう。

 
2018,9月
W

md市場の拡大から分かるmdmの重要性

in 未分類, by admin

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する企業が増えたことで、大量のモバイルデバイス端末を一括管理する上で必要となる管理ツールとしてmdmが普及しています。日本においてもmdm市場は今後さらに拡大が見込まれており、数あるmdmの中から企業にとって最適なmdm製品を導入する必要があります。mdmはスマートフォンやタブレットを公立よく業務で使用するためには欠かせないソリューションであり、モバイルデバイス端末全体の可能性を広げるためにもmdmは欠かせません。
mdmソリューションは小規模から大規模まであらゆるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理を実現し、スマートフォンやタブレット利用の効率化アップにつなげてくれます。
mdm市場が拡大することで、多くの企業はモバイルデバイス端末を導入する際に、mdmも一緒に導入するようになっています。
mdmを導入してモバイルデバイス端末を効率よく管理出来れば、I管理者の負担を削減することができます。