byodとはbring your own deviceのことであり、従業員個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用することを言います。
スマートフォンやタブレットだけではなく、ノートパソコンもbring your own deviceする企業もあります。従来は私用のモバイルデバイス端末の業務利用は情報漏えいにつながりリスクが高いため、社内へのモバイルデバイス端末の持ち込みを禁止している企業も実は多いのです。
しかし近年のスマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末の普及によって、電話、メール、スケジュール管理などは全てモバイルデバイス端末で行うのが一般的となってきています。
常時持ち歩いている私用のモバイルデバイス端末の利用範囲を業務にまで広げた方が何かと効率が良くなってきているのです。実際、私用と業務用と2台のモバイルデバイス端末を持っていても厳密に使い分けるのは難しいと言われています。