作業環境のモバイル化、つまり業務でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入した場合に得られるメリットとして、生産性の向上、アプリケーションの合理化、ユーザー満足度の向上などの実現があります。
このようなメリットに企業はこぞって、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入を進めているのです。
この5年間でモバイル化と私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用するbyodが普及しています。
byodやモバイルデバイス化が進むことによって、それらの端末全体をきちんと管理しなければいけなくなります。そこで管理ツールとしてmdmソリューションを導入していきます。
mdmソリューションにはデバイス端末の設定、ネットワークアクセス、アプリケーション管理、リモートからの監視とサポート、情報漏洩対策などの機能が得られます。特にbyodを導入した場合、セキュリティ対策に力を入れなければなりません。