以前は会社でパソコンを使用して仕事をするというのが一般的であり、会社から支給されたパソコンを社内の業務で使用する企業がほとんどでした。
最近では、ノートパソコンの軽量化やスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、個人の私物のパソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末を仕事で利用することを認める企業も増えています。
また個人所有のモバイルデバイス端末を推奨する会社も増えてきています。
個人所有のモバイルデバイス端末を業務で使用することをbyodと言います。byodはbring Your Own Deviceの造語であり、自分のモバイルデバイス端末を職場に持ち込むという意味になります。スタートアップ企業では自然とbyodを導入するケースが多いようです。byodはコスト削減や業務効率アップなどメリットが多い反面、デメリットも多いため、課題や問題点を明確にしておく必要があります。