mdmツールの多くは、androidやiPhone、Windowsなどマルチデバイスに対応しています。企業や教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を大量に導入する場合、1つのデバイスとは限りません。androidのモバイルデバイス端末もあれば、iPhoneなどのiOS端末もあるので、一括して管理できる管理ツールを利用するのが理想的です。
androidはiPhoneやiPadに比べて種類も豊富で大きさも多様なため、企業でandroidモバイルデバイス端末を導入すると選択肢が幅広くなります。業務でandroid端末を活用する場合、確実で安心できる端末管理ツールが必要となります。
個人でandroid端末を管理する場合、アプリをインストールする時にアプリの権限をチェックやアプリのインストールに注意するだけでも安全管理につながります。
しかし企業でandroid端末を業務で使用する場合、デバイス端末内には会社の機密情報や個人情報なども含まれているため、第三者への情報流出などのリスクを防がなければなりません。