2018,7月
W

byodの普及

in 未分類, by admin

以前は会社でパソコンを使用して仕事をするというのが一般的であり、会社から支給されたパソコンを社内の業務で使用する企業がほとんどでした。
最近では、ノートパソコンの軽量化やスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、個人の私物のパソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末を仕事で利用することを認める企業も増えています。
また個人所有のモバイルデバイス端末を推奨する会社も増えてきています。
個人所有のモバイルデバイス端末を業務で使用することをbyodと言います。byodはbring Your Own Deviceの造語であり、自分のモバイルデバイス端末を職場に持ち込むという意味になります。スタートアップ企業では自然とbyodを導入するケースが多いようです。byodはコスト削減や業務効率アップなどメリットが多い反面、デメリットも多いため、課題や問題点を明確にしておく必要があります。

 
2018,7月
W

便利なサポートシステムapple DEPとは?!

in 未分類, by admin

日本政府は2020年までに1人1台のタブレット構想を掲げており、実際に現在多くの教育現場ではタブレットの導入が進んでいます。全国各地の地上自治体、学校、教育委員会はICT環境の導入をすすめるべく、積極的に取り組んでいます。学校へタブレット端末を導入する時に大変になるのが、管理対象端末のキッティング作業です。
キッティング作業とはデバイス端末を使用可能にする事前準備のことであり、生徒の数だけタブレットを導入する場合、その設定作業には莫大な時間を要してしまいます。
そこでApple DEPを活用することでこのキッティング作業の負担を大幅に軽減できるのです。
Apple DEPを利用すれば、管理対象端末への設定が無線ネットワーク経由から行えるため、設定用のMacなどが必要なくなります。また端末を手元に集める作業なども必要なくなるのです。またapple社の専用ソフトのapple configuratorを使った有線接続での個別設定の必要もなくなります。

 
2018,7月
W

種類が豊富なandroid端末の管理

in 未分類, by admin

mdmツールの多くは、androidやiPhone、Windowsなどマルチデバイスに対応しています。企業や教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を大量に導入する場合、1つのデバイスとは限りません。androidのモバイルデバイス端末もあれば、iPhoneなどのiOS端末もあるので、一括して管理できる管理ツールを利用するのが理想的です。
androidはiPhoneやiPadに比べて種類も豊富で大きさも多様なため、企業でandroidモバイルデバイス端末を導入すると選択肢が幅広くなります。業務でandroid端末を活用する場合、確実で安心できる端末管理ツールが必要となります。
個人でandroid端末を管理する場合、アプリをインストールする時にアプリの権限をチェックやアプリのインストールに注意するだけでも安全管理につながります。
しかし企業でandroid端末を業務で使用する場合、デバイス端末内には会社の機密情報や個人情報なども含まれているため、第三者への情報流出などのリスクを防がなければなりません。