企業の中には会社が支給したモバイルデバイス端末を従業員に支給するのではなく、それぞれの従業員が私物で使っているモバイルデバイス端末を業務でも使用できるようにしているbring your own deviceを導入しているところもあります。
企業としてはbring your own deviceを導入することで、モバイルデバイス端末の初期導入時の費用を抑えることができるという利点があります。
どうしてもモバイルデバイス端末を導入すると費用がかかってしまいますが、bring your own deviceにすればコストを最小限にとどめることができるでしょう。
しかしbring your own deviceはメリットだけではなく、デメリットもあることを忘れてはいけません。
bring your own deviceはモバイルデバイス端末を紛失、盗難された時に情報漏えいが起こる危険性が高いと言われています。
つまりセキュリティリスクの面においても、会社支給のモバイルデバイス端末に比べてbring your own deviceの方が危機感が強いのです。