スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業で導入する場合、それぞれのユーザーに合わせた設定が必要になります。例えば違う部署で働く使用者であれば、使用するアプリや機能も異なるため、全く同じ管理設定にしてしまうと効率よく使いこなすことができず、せっかくスマートデバイス端末を導入しているのにあまり意味がなくなってしまいます。そこでmdmツールで各スマートデバイス端末でそれぞれの設定ができることができれば、円滑にスマートデバイス端末を利用することができ、一括管理も行えるのです。
グループ別ポリシー設定のあるmdmツールであれば、手動での設定は不要で、スマートデバイス端末を登録するだけで各種設定が適用されます。例えばグループAの場合は、機能構成、アプリ構成、監視設定などは全てグループAに適用したものになります。グループBであれば、機能構成、アプリ構成、監視設定なども全てグループBに適したものに設定できるのです。参照URL