mdmツールの中には、Wi-Fi接続時などスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末がオンライン状態でなければ管理設定ができないというものがあります。しかしこの場合、オフラインでは意味がなくなってしまうのでセキュリティ面で不安な部分が出てしまうでしょう。
そこでmdm管理ツールを選ぶ時にはオンライン、オフラインどちらでもWindows端末を守ることができるmdmがおすすめです。ネットワークの状況や使用する場所、電源の接続を監視して、想定外の状況を検知することで、大音量アラームや入力デバイスのロック、強制シャットダウンによって不正利用や不正持ち出しを防ぐことができるのです。
またmdmを選ぶ時にはiOS、android、Windowsなどマルチプラットフォームに対応したmdmがおすすめです。1つの管理コンソールで複数のOSやデバイスを管理することができれば非常に便利。また管理権限を分けて、部署ごと、業務担当ごと、拠点ごとのように管理させることもできるので、それぞれの組織や部門が求める最適なポリシーやアプリケーションの配布ができるようになります。
MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM