モバイルデバイスが紛失、盗難された時、リスク回避の対策を事前にとっておく必要があります。このリスク回避の対策をとっていなければ、情報が流出してしまい取り返しのつかないトラブルに発展してしまう恐れもあるのです。
リスク回避の対策としてmdmツールによるモバイルデバイスの管理を行います。モバイルデバイス端末が盗難、紛失された時に、mdmで管理していることによって遠隔操作でリモートロックやリモートワイプ、機能制限などを行うことができます。
リモートロックはパスコードを入力しないとモバイルデバイスの利用ができなくなる機能のことを言います。またリモートワイプはモバイルデバイス内のデータをすべて消去して初期化する機能です。このリモートワイプをすることでモバイルデバイス内にあった個人情報や機密情報などのデータや情報をすべて削除することができます。また機能制限とは特定のアプリケーションの使用を制限したり、インストールの制限をしたりする機能のことを言います。ファイル共有アプリケーションによるデータ流出を防止することもできます。
iOS端末でmdmを利用する塾さんに