スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入するにあたり、多くの企業は管理者の統制を摂りセキュリティレベルを上げるためにmdm(モバイルデバイス管理)を導入しています。
Mdm(モバイルデバイス管理)を導入することによっていろいろなことが実現できるようになります。例えば、すべてのスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末にパスコードの適用を強制することもできますし、紛失してしまった時に位置情報を取得したりすることもできます。また遠隔操作でスマートフォン端末に端末ロックやデータ消去をすることもできるのです。Mdm機能を利用することで複数のモバイルデバイス端末を一括管理することができるので、管理者の負担は大きく軽減されるでしょう。セキュリティポリシーの適用も可能になります。
逆にmdmを導入するにあたり実現できないこともあります。端末の位置情報やアプリの情報を管理者側にすべて閲覧されてしまうのでプライバシーがなくなってしまうと感じるユーザーは多いでしょう。