Mdm機能では、スマートフォンやタブレット端末などモバイルデバイス端末全体の管理を行います。これに対してmamと呼ばれる機能は、スマートデバイス端末全体ではなく、アプリケーション単位で管理することができるのです。Mamでは社内システムへの接続を細かく制御できるとともに、安全性や生産効率性がアップし、ビジネスがよりうまく進むでしょう。例えば業務アプリのコンテナ化なども行うことができます。スマートフォンなどのモバイルデバイス端末内にコンテナと呼ばれる仮想的業務専用領域を作成します。このコンテナ外であれば、ユーザーが自由にアプリケーションなどをインストールすることができるので、1台のスマートフォンやビジネスと私用両方で使用している場合には、この機能は非常に便利です。
またmdmではモバイルデバイス内のデータをすべて削除する機能があるのですが、mamでは端末の盗難や紛失があったとしても、スマートフォン内の業務アプリケーションのデータだけを選択して削除することができるのです
mdmに付属してるアプリ配布です