業務用の端末をMDMサービスで一元管理する。この重要性や優位性は最早必須とも言える部分だが、端末のみを管理していても、それはそれで二度手間となる事もある。会社でデータを扱う機器は携帯端末だけではなく、古くからの先輩としてパソコンもオフィスには広く陣取っている。スマホやタブレットも小型のパソコンと呼べる程の性能を有している以上、ここが隔絶された別の機器である必要はない。パソコン内のデータにしろ、特定の部所の誰かのPCの中にあるというのではなく、全てのデータを一元管理し、誰の端末にもPCにもデータそのものを置きっぱなしにしないというのも自衛としては必要な備えだと言えるだろう。MDMサービスの中にはPCとの連携やクラウドサービスの構築、またセキュリティー面に特化した物など様々な物が存在する。スマホが表舞台に現れて以来、その安全性に対する商品も多く登場しているが、それはパソコンに対しても同じである。スマホとMDM、導入に際してはPC周りのセキュリティーや連携についても再度検討する必要もあるだろう。mdmに関してはこちら