2017,6月
W

mdmにおける遠隔ロック

in 未分類, by admin

mdmと言っても様々なサービスが存在する。その中でも例外なく提供されている部分として、遠隔操作で端末をロックする機能が挙げられる。個人使用のスマフォなどでも「パスワード」によって機能をロックする事は可能だが、パスワードを知っていれば誰にでも解錠できてしまう。一方で多くのmdmサービスで提供される「遠隔ロック」は端末そのものの機能を完全にロックする事を意味している事が多い。つまり遠隔でロックされた端末は遠隔でしかロック解除できない状況に置かれる。個人利用の携帯端末であれば第三者による不正利用で被る被害は月末の請求額程度の物であり、紛失に気付いた時点で利用停止するのが一般的な対応だが、企業で用いる端末の場合は話が違ってくる。通常の「電話」であれば通信できない通信端末には何の価値も無い。しかし、社用の端末となれば中の「情報」の価値、重要性は個人端末の比ではない。遠隔ロックによる不正利用の停止はあくまでも見つけるまでの時間稼ぎであり、見つからない場合は、遠隔での「データ削除」も視野に入れねばならない。念には念を。いざという時の「自爆ボタン」は備えておいても損はない。MDM基本機能

 
2017,6月
W

Mdmの金額と機能について

in 未分類, by admin

みなさまこんにちは。今回はmdmの金額と機能についてお話しします。
まず初めに、みなさまはmdmをご存知ですか?mdmは企業の支給する携帯電話のセキュリティを管理するためのソフトです。Mdmには基本的に3つほど値段が設定されています。第一に低価格のセキュリティのみの機能プラン。第2にセキュリティに加えて、ショートメッセージなどを追加したプラン、最後にアプリ配信や連絡先情報の配布も揃えたプランです。
基本的には、この3つのプランで売っています。ただ、一つ注意することがあります。それは、オプション機能です。
これはメーカーによって全く違います。
どんな機能がオプションになるかというと、例えば、セキュアブラウザなどのセキュリティ強化やアプリ配信、ドキュメント配信などです。機能が多様化したことでオプションの数も増しています。オプションになりやすいmdmの機能は上記のようなものですので、もし導入する際はしっかりと確認しましょう。MDMとは – 管理って?

 
2017,6月
W

効果的な座席の配置まで

in 未分類, by admin

ぐるなびが、個人経営の飲食店などの顧客管理が容易にできるツール、POSレジシステム「ぐるなびPOS+(ポスタス)」の販売をスタートさせたそうです。

個人経営の飲食店は、日本の飲食店の6割以上に上るとのこと。そのようなお店では、CRMと言った営業支援ツールを導入するというのは難しいですよね。なので、顧客情報の管理なども行っていないところがほとんどとのこと。

そこでぐるなびがポスタスを利用することで、「販売管理や商品出数分析、来店客の売り上げ、客単価、注文点数、注文商品を席単位で分析」といったことが可能になるツールを開発し、販売にこぎつけたそうなんです。

私が面白いと感じたのは、効果的な席の配置もできるようになるというもの。ほとんど2人用の席にしていたお店の話題なんですが、ここでは2人よりも4人で来店する客の方が客単価が高い、というデータを得られたとのこと。従って、席も4人用を増やし2人より4人グループを先にお店に入れる、といった戦略を立てることもできるようになったそうです。顧客管理って、本当にすごいですね^^