2016,12月
W

福島の復興のために

in 未分類, by admin

「Web×CRM=新しい食のファンクラブ」このような取り組みが9月から始まり、福島で活躍している「ふくしまチャレンジはじめっぺ」が、チームふくしまプライド。というファンクラブ、それとECサイト運営を行っているそうです。

この取り組みを行っているのは復興庁と東の食の会というところ。ヤフーとファンクラブ運営のプロの会社の企画で行われてると。福島にはユニークな農家さんやコンテストで日本一になるなど実力もある酪農家がいるんだとか。彼らが作りだす福島の県産品をブランド化することで、福島の復興を促進する狙いだそうです。

CRM、顧客情報の管理がここでどのような働きをするのかはわからないんですが、彼らが作る県産品についてどのような想いを持って作っているのか、どのようなストーリーがあるのか、まだまだ世の中には知られていない「埋もれた魅力ある商品と客をつなぐ新しい架け橋に」なれるよう、盛り上げていくそうです。

関東以南に住んでいる人たちは、とくに福島など東北の農産品に出会う機会って少ないですよね。是非、全国にアピールして欲しいものです。

 
2016,12月
W

最初はシンプルに

in 未分類, by admin

SFAの導入をスタートするときに、最初から欲張って多彩な機能を入れておくと、かえって使いにくさを感じることがあるようです。それに、多くの機能を詰め込み過ぎることでコストも上がってしまいます。

コストがかかり、それによって使いにくさが出てしまう・・、これでは何の意味も持ちませんよね。さらにはSFAって現場の営業マンには敬遠されているシステムの1つなので、使いにくいものだったら放置される可能性も。。

営業マンにも歓迎され、コストも抑え、しかも結果を出せるようにする。それには最初はシンプルな機能でスタートすることが良いそうです。

使いやすい機能をそろえ、しっかりとサポートをしてくれる会社のシステムも選ぶこと。営業活動の管理や日報管理から始めると良いでしょう。そして、運用が一通り回るようになったら、商談の管理などの機能も取り入れたり、さらに使い勝手が良いようにカスタマイズしていく、というステップを踏むと良いそうですよ。

営業支援システムSFA