BlackBerryといえばQWERTYキーボード付きスマートフォンというイメージがありますが、日本で法人向けソフトウェア事業戦略をスタートさせるというニュースが入ってきました。このために過去2年間で同社は、英Movirtuや米AtHoc、米GoodTechnology、独Secusmartなどという多くのソフトウェア企業を買収しました。これら企業の技術を駆使し、マルチな環境に対応するセキュアな通信&ユーザービリティ&生産性にフォーカスしたモバイルプラットフォームを提供するという。ちなみにマルチな環境とは、「iOSやAndroidなどのマルチOS」「COPE(個人利用可能な企業所有のモバイル端末)」「BYOD(私物端末の業務利用)」「COBO(個人利用してはならない企業所有のモバイル端末)」といった利用形態などのこと。MDM/MAMやファイル管理などの機能を備えたセキュリティ性能の高いモビリティソリューションになるのでしょうね。当然ながらこのことは、あらゆる業界の企業から注目を集めています。