2016,8月
W

BlackBerryの日本法人向けソフトウェア事業

in 未分類, by admin

BlackBerryといえばQWERTYキーボード付きスマートフォンというイメージがありますが、日本で法人向けソフトウェア事業戦略をスタートさせるというニュースが入ってきました。このために過去2年間で同社は、英Movirtuや米AtHoc、米GoodTechnology、独Secusmartなどという多くのソフトウェア企業を買収しました。これら企業の技術を駆使し、マルチな環境に対応するセキュアな通信&ユーザービリティ&生産性にフォーカスしたモバイルプラットフォームを提供するという。ちなみにマルチな環境とは、「iOSやAndroidなどのマルチOS」「COPE(個人利用可能な企業所有のモバイル端末)」「BYOD(私物端末の業務利用)」「COBO(個人利用してはならない企業所有のモバイル端末)」といった利用形態などのこと。MDM/MAMやファイル管理などの機能を備えたセキュリティ性能の高いモビリティソリューションになるのでしょうね。当然ながらこのことは、あらゆる業界の企業から注目を集めています。

 
2016,8月
W

短期の発表では

in 未分類, by admin

一週間ごとに発表されているIT市場予測、ユーザー動向データというものがあるそうです。そこで出ていた日本国内でのCRM市場は・・。

国内のCRM市場は東京オリンピックが開催される2020年までに年平均成長率が5.3%の拡大になる、と発表されたそうです。ちなみに昨年の市場は800億8900万円で前年比がプラス8.9%。ということは、昨年2015年のCRM市場の成長率はものすごいものだったんでしょうね。そして、今後4年間においても年平均で5%以上のプラス成長率になると予測されているので、新規参入も今年増えるのではないでしょうか。

とくにCRM市場の中でも「マーケティングアプリ、セールスアプリ」という部門の成長率が高かったとのこと。そして今後のこの市場では「「顧客データ」を核としたさらに包括的/統合されたCRMソリューションが必要とされるようになる」と言われているそうです。

世界的にも良い経済状況と言えない今。このような営業支援サービスは必須のものとなっているのでしょうね。