中国人の爆買いツアーの時期がやってきましたね。ただ、最近は他の時期にもツアー数が増え、拡散している傾向もあるようですが、やはり春節の時期は中国人にとっても特別であるため、旧正月の前後は中国からの爆買いツアーの人たちで観光地やショッピングセンターなどはごった返すようです。

ここに目を付け、訪日中国人旅行客向けのサービスを展開する企業も同じく増えているもよう。上海にある観光マーケティングのサイバーグループと、東京にあるその子会社の日本法人、サイバーマートジャパンでは、「スマホアプリを用いた5カ国語(日・中・英・韓・タイ)のオンライン通訳サービスを3月から提供。」するとのこと。すでにこのアプリは渋谷の店舗で法人向けの通訳アプリとしても導入済みだとか。法人向けのスマートフォンにこのアプリが入っていれば、お店に来た中国人観光客ともスマホを介してスムーズな接客ができそうです。

これから、このようなサービスがもっと増えていきそうですね。ちょっと心配なのは中国全体の経済ですが、あと1、2年は持つかな^^