「魅力的な端末が増えればアプリの充実も期待できそうだ。」とある記事に書かれていたのは、Windowsスマホ。昨年の後半くらいからでしょうか、次々にWindowsスマホを発売するメーカーが増えてきましたよね。法人向けのスマートフォンとしての市場がまだまだ見込める、そういう意図が大きくあったようで。この記事の中で、最も今操作感が優れていると紹介されていたのがなんとヤマダ電機のEveryPhone。価格は40,000円ほどとお手頃ながら、大画面だけど本体は軽く、液晶画面の触感も滑らかで操作性には長けているようです。また、NuAns NEOも注目だとか。これは私も気になるスマホですね~。もともとiPhoneのアクセサリを作っているデザインに強い会社。このような会社が作るスマホなので、スマホのデザインにこだわりたいビジネスマンに喜ばれるのではないでしょうかね。ただ、数年前にも販売され、見向きもされなかったWindowsスマホ。その原因はアプリの少なさにありました。そのため、NuAns NEOなど魅力的な端末の出現、これがアプリ増加、充実への鍵になると言われているようですよ。