サムスンが今年のIFAにおいて、モバイル関連製品を紹介するスペースを全スペースの1/5も使って展示しているそうです。サムスンはスマートフォンだけではなくて一般の家電製品も世界中で使われていますよね。それだけ品質、価格ともに優れていると思われますが、その中でもスマートフォンなどのモバイル関連製品により力を入れているのでしょうね。とくに「GALAXY Note4」と「GALAXY Note Edge」の2つは専用のブースを設けていて、訪れた人がゆっくりと試せるよう配慮されているとか。ハイエンド製品の「GALAXY S5」は現行モデルだからでしょうか、大した展示はなくて、今回は新しく発表されたモデルを大大的にアピールしているそうです。また、展示会前からウェアラブル機器も話題となっていましたよね。サムスンのウェアラブル機器と言えばGALAXY Gearですが、この展示会でも「Gear S」を中心に展示されていたそうです。