NHNジャパンが提供するすあーとフォン向けの
無料通話アプリケーション「LINE」の利用者数が、
1月下旬にも世界で計1億人に達する見込みと
なったそうです。
「LINE」は2011年6月のサービス開始から
約1年半で1億人に到達するという事で、
開始後約5年で1億人に達したツイッターなど他社の
SNSを大きく上回るペースとなっているそうです。
わずか1年半で1億人達成とは驚きですよね!
「LINE」は会員同士であれば携帯電話の通信会社を
問わず、国内外で無料で音声通話やメールを楽しめる
アプリで、若者を中心に支持を広げており、
サービス開始時にパソコンでの利用を想定していた
フェイスブックなどと違い、「LINE」では当初から
スマートフォンでの利用を想定しており、書き込みや
操作方法を簡易化した事が、ユーザーの獲得へ
繋がったようです。