携帯を持ち始めてから迷惑メールに悩まされてきましたが、最近はフィルターやドメイン拒否のおかげで滅多に迷惑メールが来なくなりました。でもスマートフォンに機種変更してからは個人情報の流出や周りにも迷惑のかかるアドレス帳の流出などに備えて、更に気を引き締めて不用意にバッテリーが長持ちするアプリや占いものなど無名のアプリはあまりインストールしないように気をつけているのですが、この度、9月中旬からグーグルの公式サイトで配布されていたNTTの電話帳情報等を検索できる無料アプリ「全国電話帳」から76万件もの電話帳データが流出したと報道されました。約3400人もの方がこのアプリをインストールしていたそうでアドレス帳利用の説明がついていたようですが、インストールすれば自身の端末の電話帳情報がアプリの作者によってレンタルされている神奈川県のサーバーに送信されるようになっていたそうで一時的に外部から閲覧できる状態になっていたそうです。