まずGoogleアカウントの作成もしくは登録を行います。
これに伴いGoogleのサービスを利用でき、標準的な設定が完了します。
繰り返し処理の場合はTimerで、TimerTaskを記述することにより処理する内容を繰り返し行うコードが良いです。
開発環境の設定は多少の時間を必要としますが、
1度セットアップしてしまえば引き続き利用できる為正しい開発環境を準備したほうが良いでしょう。
Androidアプリケーションを起動したらメインのアクティビティがユーザへ表示され、終了するとバックスタックされます。

今までパソコンを利用していなかった人もスマートフォンへの切り替えを行うことで
自動的にGoogle検索を利用するようになりました。
エミュレータ上でアプリケーションを開発してみると他の要素が排除されてしまい、
実際のデバイス上で不具合が生じる場合が考えられます。
WebViewウィジェットでアプリからHTMLページを表示させるブラウザ機能をつける事が可能です。
Ajaxなどをはじめとして、今以上にクールな印象を与えるにはプログレスバーよりもスピナーでくるくる回ってるUIが好まれます。
専用アプリを利用しなくてもOSの標準機能として回転や写真のトリミング、編集加工が可能です。