AppStoreやiTunes の動きにストレスを感じる場合が想定できましたが、
Google Playでは、ダウンロードまでがシームレスです。
開発環境の具体的にはJava (JDK) 5.0 以上をまずインストールする事からですが、
実装スクリプトではGUIを意識したアプリ開発が人気があります。
アンドロイドデバイス内でインタラクティブにスクリプトを編集して実行をターミナル内で行うことが出来ます。
setProgressStyleでProgressDialog.STYLE_HORIZONTALを設定してスピナーでは無く、プログレスバーになります。
人ぞれぞれですが、どの位進んだのかとかダウンロードの進捗ではバータイプで比率が見えるのが一般的です。
実行状態から一時停止、または停止になる際に大切なデータ保存等の処理はonPauseで行う理由があります。
スレッドは、java.net.HttpURLConnectionでHttpURLConnectionから取得できる InputStreamとして受けとりバイナリでファイル保存します。
Googleはスマートフォンの利用増加を無償のアプリ開発が出来る環境を含め、日本国内のWEB検索利用を大幅にアップさせたと言われます。