2017,9月

モバイルデバイスが紛失、盗難された時、リスク回避の対策を事前にとっておく必要があります。このリスク回避の対策をとっていなければ、情報が流出してしまい取り返しのつかないトラブルに発展してしまう恐れもあるのです。
リスク回避の対策としてmdmツールによるモバイルデバイスの管理を行います。モバイルデバイス端末が盗難、紛失された時に、mdmで管理していることによって遠隔操作でリモートロックやリモートワイプ、機能制限などを行うことができます。
リモートロックはパスコードを入力しないとモバイルデバイスの利用ができなくなる機能のことを言います。またリモートワイプはモバイルデバイス内のデータをすべて消去して初期化する機能です。このリモートワイプをすることでモバイルデバイス内にあった個人情報や機密情報などのデータや情報をすべて削除することができます。また機能制限とは特定のアプリケーションの使用を制限したり、インストールの制限をしたりする機能のことを言います。ファイル共有アプリケーションによるデータ流出を防止することもできます。
iOS端末でmdmを利用する塾さんに

 
2017,8月

スマートフォンやタブレット端末をビジネス業界で導入することで、企業はビジネス効率のアップを図ることができます。出先でも連絡がとれますし、最新の情報を常に共有することができるわけですから、多くの企業ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの導入を積極的に行っています。
モバイルデバイスを導入するにあたって重要になるのがmdmによる一括管理です。大量のモバイルデバイスを導入する時には一括管理ができる環境にしておかなければうまくモバイルデバイスを活用することはできません。
特に企業でモバイルデバイスを導入する時に注意しておきたいのが、紛失、盗難などのトラブルです。スマートフォンなどは特に紛失、盗難の危険性が高いモバイルデバイスです。もしも紛失、盗難された時に、モバイルデバイス内に入っていた個人情報や機密情報が外部に流出すると企業としては大問題です。
そこでmdmで一括管理することで、遠隔ロック、パスワードの初期化設定が可能になります。
MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

 
2017,8月

Mdm機能では、スマートフォンやタブレット端末などモバイルデバイス端末全体の管理を行います。これに対してmamと呼ばれる機能は、スマートデバイス端末全体ではなく、アプリケーション単位で管理することができるのです。Mamでは社内システムへの接続を細かく制御できるとともに、安全性や生産効率性がアップし、ビジネスがよりうまく進むでしょう。例えば業務アプリのコンテナ化なども行うことができます。スマートフォンなどのモバイルデバイス端末内にコンテナと呼ばれる仮想的業務専用領域を作成します。このコンテナ外であれば、ユーザーが自由にアプリケーションなどをインストールすることができるので、1台のスマートフォンやビジネスと私用両方で使用している場合には、この機能は非常に便利です。
またmdmではモバイルデバイス内のデータをすべて削除する機能があるのですが、mamでは端末の盗難や紛失があったとしても、スマートフォン内の業務アプリケーションのデータだけを選択して削除することができるのです
mdmに付属してるアプリ配布です

 
2017,8月

スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入するにあたり、多くの企業は管理者の統制を摂りセキュリティレベルを上げるためにmdm(モバイルデバイス管理)を導入しています。
Mdm(モバイルデバイス管理)を導入することによっていろいろなことが実現できるようになります。例えば、すべてのスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末にパスコードの適用を強制することもできますし、紛失してしまった時に位置情報を取得したりすることもできます。また遠隔操作でスマートフォン端末に端末ロックやデータ消去をすることもできるのです。Mdm機能を利用することで複数のモバイルデバイス端末を一括管理することができるので、管理者の負担は大きく軽減されるでしょう。セキュリティポリシーの適用も可能になります。
逆にmdmを導入するにあたり実現できないこともあります。端末の位置情報やアプリの情報を管理者側にすべて閲覧されてしまうのでプライバシーがなくなってしまうと感じるユーザーは多いでしょう。

 
2017,8月

業務用に端末を購入するとなると大抵はまとまった数を一般的な「キャリア」から購入する事にもなるだろう。その際に業務利用である事を告げれば必然的にMDMの話がついてくる。大手のキャリアはどこも自社でMDMサービスの提供も行っており、車屋が任意保険の勧誘も行っているような物だ。初期導入の際には勧められるがままにホイホイと契約してしまう事もあるだろうが、MDMサービスを日本国内で提供する国内外の企業数は両手の指では足りない数に及ぶ。基本的にどのサービスも「最低保証」のラインでは一定の水準に達しており、基本機能だけで比較すれば横並びとも言えるが、規模や料金、サポート体制や対応デバイス、その他の付加価値など、細部まで比較すると各サービスにそれぞれ独自の強みがある事も見えてくる。端末導入の決め手となった「用途」をしっかりと念頭においてそれらのサービスの中から用途に最もマッチしたサービスを選ぶ事が無駄を省きコストを抑える事にも繋がる。基本的にはどのサービスも「お試し期間」や「体験版」と言ったサービスを提供しているのでまずは小規模な運用をお試しでハシゴするのも良いだろう。mdmサービスを見てみます。

 
2017,8月

高校や大学だけではなく、小学校や中学校などの義務教育機関でもここ数年で教室へのタブレット導入が急激に進んできています。国としても教育のITC化に力を入れており、iPadなどのタブレット端末を1人に1台導入できるように勧めています。大学や私立高校などは以前からタブレット端末を使った授業を進めてきましたが、公立の小学校、中学校、高校での授業においてもタブレット端末を活用した授業が増えてきています。タブレット端末を使用した授業を行うことで、子供たちの授業への関心度も高くなり、理解力が高まると言われています。ただその反面課題があるのも事実です。それがタブレットの運用、管理についての問題になります。生徒1人1人にタブレットを導入するとなると莫大な数のモバイルデバイスを教師が管理しなければなりません。そこで管理者の運用を容易にするために注目されているのがmdmなのです。Mdmを利用することによって子供が安全に学習できる環境を整えることができるでしょう。学校に配置されるmdm

 
2017,7月

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを運用、活用、管理するために欠かせないサービスと言えばmdm管理です。Mdmはスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを、ネットワークを経由して管理するための機能になります。日本ではたくさんのメーカーでmdmをサービスしており、その管理機能内容や利用料などはそれぞれのメーカーによって異なります。Mdm管理ではネットワークを通じて、スマホやタブレットなどのモバイルデバイスのロック、ワイプ緊急対処、セキュリティ、ポリシー設定などを行います。そしてそれぞれのモバイルデバイスがどのように使われているのか?どこに位置しているのか?など端末状態や位置情報、利用状況などを収集していくのです。遠隔操作によってたくさんのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを一元管理することができるので、効率よくモバイルデバイスをビジネスの中で活用することができるでしょう。MDMとは – 企業向けソリューション

 
2017,7月

業務用の端末をMDMサービスで一元管理する。この重要性や優位性は最早必須とも言える部分だが、端末のみを管理していても、それはそれで二度手間となる事もある。会社でデータを扱う機器は携帯端末だけではなく、古くからの先輩としてパソコンもオフィスには広く陣取っている。スマホやタブレットも小型のパソコンと呼べる程の性能を有している以上、ここが隔絶された別の機器である必要はない。パソコン内のデータにしろ、特定の部所の誰かのPCの中にあるというのではなく、全てのデータを一元管理し、誰の端末にもPCにもデータそのものを置きっぱなしにしないというのも自衛としては必要な備えだと言えるだろう。MDMサービスの中にはPCとの連携やクラウドサービスの構築、またセキュリティー面に特化した物など様々な物が存在する。スマホが表舞台に現れて以来、その安全性に対する商品も多く登場しているが、それはパソコンに対しても同じである。スマホとMDM、導入に際してはPC周りのセキュリティーや連携についても再度検討する必要もあるだろう。mdmに関してはこちら

 
2017,7月

スマホと呼ばれる携帯端末を使うようになってどれくらい時が経ったろうか?最新のIT機器に目が無い人であれば最初期の物から機種変更を繰り返して10年と言った所だろうか?ここ数年の爆発的な利用者の増加を考えると「スマホ歴」が5年未満の人も多いだろう。そうなるとどうしても「電話」の延長としてスマホを捉えてしまう人も多い。しかしながらその性能、価格ともに安物のパソコンと同様の存在となっている。「携帯電話」が進化したのがスマホ、というよりは、「ノートPC」が小型軽量化の末、通話も出来るようになったと考える方がしっくりくる。当然「業務用」と考えればオフィスのパソコンと同等のセキュリティーの構築も必須となり、mdmサービスの利用もまた必然と言える。この認識は管理者だけではなく、端末を使用する「ユーザー」全員で共有する必要がある。いかに優れたシステムであっても、それを使うのが人間であるという事は忘れてはいけない。業務用の端末は個人利用の端末と同等に扱ってはいけない。mdm管理による「強制」もまた、まだまだ未熟なインフラを利用する上では必要な措置となる。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

 
2017,6月

mdmと言っても様々なサービスが存在する。その中でも例外なく提供されている部分として、遠隔操作で端末をロックする機能が挙げられる。個人使用のスマフォなどでも「パスワード」によって機能をロックする事は可能だが、パスワードを知っていれば誰にでも解錠できてしまう。一方で多くのmdmサービスで提供される「遠隔ロック」は端末そのものの機能を完全にロックする事を意味している事が多い。つまり遠隔でロックされた端末は遠隔でしかロック解除できない状況に置かれる。個人利用の携帯端末であれば第三者による不正利用で被る被害は月末の請求額程度の物であり、紛失に気付いた時点で利用停止するのが一般的な対応だが、企業で用いる端末の場合は話が違ってくる。通常の「電話」であれば通信できない通信端末には何の価値も無い。しかし、社用の端末となれば中の「情報」の価値、重要性は個人端末の比ではない。遠隔ロックによる不正利用の停止はあくまでも見つけるまでの時間稼ぎであり、見つからない場合は、遠隔での「データ削除」も視野に入れねばならない。念には念を。いざという時の「自爆ボタン」は備えておいても損はない。MDM基本機能