2018,12月

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務利用は企業として最重要項目となってきています。
大きなメリットをもたらすモバイルデバイス端末の導入ですが、それ以上に危険性があることも分かっており、しっかりとしたセキュリティ対策を行うことがカギとなります。
モバイルデバイス活用において、セキュリティ対策ほど難しいことはないでしょう。
エンドユーザーがモバイルデバイス端末のセキュリティ関連の指示を無視してしまっても大丈夫なように、企業としては一括してモバイルデバイス端末のセキュリティ管理が必要になります。
エンドユーザーも参加できるような分かりやすい形のスマートフォンやタブレットの円滑管理が重要になるでしょう。そのためにはモバイルデバイス端末管理ツールであるmdmの導入は必須事項となります。優秀な企業や組織においては、セキュリティチームが最初の段階からモバイルデバイス端末の管理、セキュリティ対策に関わっています。

 
2018,11月

MDMのVPPは企業や教育現場で大量に導入したモバイルデバイス端末にアプリケーションを配布して、すぐにユーザーが利用できるように設定するプログラムになります。
このVPPの管理配布機能を利用することによって、企業内でまとめて購入したiOSのアプリケーションを従業員や生徒にライセンスを与えて、配布することが可能になっています。
また配布したアプリケーション(ライセンス)は従業員が退職した時に回収して、別の従業員に新たに割り当てることが可能なので、追加のアプリケーション購入が必要ありません。
VPPのアプリ配布を利用するにはVPPのアカウントの取得が必要であり、iOS7以上のiPhone、iPadが必要となります。それぞれのモバイルデバイス端末のユーザーは配布されるVPPアプリのライセンスを取得するために個人のAppleIDを持っている必要があります。業務効率アップにもつながるので利用するべきです。

 
2018,11月

androidやiOSなどのスマートフォンやタブレットなどを資産管理の側面から、端末種類、OS種類別、利用アプリケーション種別に管理したいという時にはmdmソリューションによる一括管理がおすすめです。
mdmソリューションでandroidやiOSなどのモバイルデバイス端末管理を行うと、それぞれのグループごとの管理が可能であったり、遠隔操作によるモバイルデバイスの初期化やロック操作などをすることも可能です。
また業務でモバイルデバイス端末を利用する場合、業務に必要のない機能に関しては利用を制限することもできます。カメラ機能を制限したり、アプリケーションのダウンロード、インストールを禁止することも可能です。
業務で使用するアプリケーションに関しては削除できないように制限することもできます。企業のセキュリティポリシーに基づいたモバイルデバイス端末設定を徹底したい場合にはmdmソリューションは必要不可欠な存在となるでしょう。

 
2018,11月

mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ対策として欠かせない管理ツールになります。
mdmには様々な機能が備えつけてあり、企業によって求める機能は異なりますが、GPS機能(位置情報取得機能)に関しては外勤の多い従業員の行動を把握するためにも便利な機能であり、携帯していたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を紛失したり、盗難したりした時のセキュリティ対策としても非常に役立ちます。
位置情報取得による追跡は使用者の紛失、盗難時の時間、ロケーションを特定する最終的な情報と、GPS取得時間との差異によって所在精度を推定する参考と考えるべきでしょう。
mdmで取得できるGPS位置情報は3G搭載機種の場合には、ある程度精度が高いと言われています。ただWi-Fiにつなげている場合、アウトドアにありネットワーク接続した時点のログ情報となるので、端末自体の現在の位置情報としての正確性には欠けてしまう部分もあるかもしれません。

 
2018,10月

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する企業は増えています。mdm導入事例が増えてくることで企業が選ぶmdmの選択肢もどんどん広がっています。
mdmではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理だけではなく、情報収集、データ削除などを行う際に処理通知をプッシュ型で配信する必要があります。
mdmメーカーのほとんどはプッシュ型の通知であり、iOSデバイスの場合はAppleのAPNS、androidOSの場合はGoogleのGCMという仕組みを使っており、それらの仕組みを利用する際には外部のネットワークに接続してmdmを使用する必要があります。
例えばオンプレミス型mdmの導入事例であっても、プッシュによる通知機能はそれぞれの仕組みを利用するため、通知機能が利用する外部ネットワークに接続できる環境が必要になってきます。

 
2018,9月

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育現場など組織で大量に導入する場合、mdmで一括管理することが一般的となっています。
以前であればmdmを用いてモバイルデバイス端末を一括管理する企業や組織はあまりいませんでしたが、モバイルデバイス端末の急激な成長に伴い、mdm市場も拡大しており、モバイルデバイス端末を導入する際に一緒にmdmを導入する企業が大半になっています。
現在ではmdmを導入するかどうか?が問題点となるのではなく、モバイルデバイス端末のセキュリティ対策をどれだけ早く導入できているか?という点が問題になっています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時には、それと同時にmdmの導入を検討するべきですし、どのmdm製品がよいのかきちんと事前に比較しておくことであわてることなく、モバイルデバイス端末の一括管理ができるようになるでしょう。
企業としては十分な時間をかけて、自分の企業にあったモバイルデバイス端末管理とセキュリティの目標に達したmdmかどうかをしっかりと理解して導入しなければなりません。

 
2018,9月

VPPはapple社が提供する企業や教育現場などの法人向けのサービスになります。
組織でアプリケーションを購入して、各モバイルデバイス端末に個別で振り当てることができるので、管理者の負担を軽減することがで、appleIDが複数必要という状態を改善できます。
VPPではapple Deployment Programsの一部になるまで、オンラインでアカウントを作成していきます。
VPPを選びアカウント登録プロセスを開始したら、新しいappleIDが作成されます。
apple Deployment Programsのアカウントに登録したら、メールアドレスとパスコードでサインインして、アプリのインストール、配布を行います。
アプリを一括購入し、モバイルデバイス単位に管理配布するためには、一般のappleSTOREやiTunesからではなく、法人向けのVPPストアからアプリを購入することになります。
VPPによってmdmの導入もスムーズに行えるでしょう。

 
2018,9月

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する企業が増えたことで、大量のモバイルデバイス端末を一括管理する上で必要となる管理ツールとしてmdmが普及しています。日本においてもmdm市場は今後さらに拡大が見込まれており、数あるmdmの中から企業にとって最適なmdm製品を導入する必要があります。mdmはスマートフォンやタブレットを公立よく業務で使用するためには欠かせないソリューションであり、モバイルデバイス端末全体の可能性を広げるためにもmdmは欠かせません。
mdmソリューションは小規模から大規模まであらゆるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理を実現し、スマートフォンやタブレット利用の効率化アップにつなげてくれます。
mdm市場が拡大することで、多くの企業はモバイルデバイス端末を導入する際に、mdmも一緒に導入するようになっています。
mdmを導入してモバイルデバイス端末を効率よく管理出来れば、I管理者の負担を削減することができます。

 
2018,8月

byodとはbring your own deviceのことであり、従業員個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用することを言います。
スマートフォンやタブレットだけではなく、ノートパソコンもbring your own deviceする企業もあります。従来は私用のモバイルデバイス端末の業務利用は情報漏えいにつながりリスクが高いため、社内へのモバイルデバイス端末の持ち込みを禁止している企業も実は多いのです。
しかし近年のスマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末の普及によって、電話、メール、スケジュール管理などは全てモバイルデバイス端末で行うのが一般的となってきています。
常時持ち歩いている私用のモバイルデバイス端末の利用範囲を業務にまで広げた方が何かと効率が良くなってきているのです。実際、私用と業務用と2台のモバイルデバイス端末を持っていても厳密に使い分けるのは難しいと言われています。

 
2018,8月

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は私達の生活において欠かせない存在となっています。
特に企業においてもこれらのモバイルデバイス端末の導入は企業の成長にはなくてはならないものになっているでしょう。
ただスマートフォン導入においては様々な課題があるのも事実です。そこでスマートフォン導入時に伴う課題をmdmソリューションを導入することで解決できるのです。
スマートフォン導入に伴う課題としては、紛失・盗難時の情報漏えい、不正アプリケーション利用による業務の無駄、情報漏えい、外出先での不正アクセスポイント接続による情報漏えい、端末管理、初期設定・変更の管理作業の煩雑さなどがあります。これら全てがmdmソリューションで解決できるのです。モバイルデバイス端末管理ツールソリューション、つまりmdmソリューションを導入すれば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の安全な運用を実現してくれます。